意外と知らないデイリーヘアケア法

毎日のヘアケアどうしてますか?

シャンプーで髪を洗い、トリートメントやコンディショナーで保湿する。

誰もが知っているお風呂でのケアですよね。

定期的にサロンに行ってお手入れが出来ればいいですがお金も時間もかかってしまいます。

そこで、いつものルーティンでも少し見直してみましょう。

それだけでサロン帰りの髪を長持ちさせることができますよ。

まず、髪をブラッシングします。絡まりをほどき、髪についたほこりなどを落とすことでシャンプーしやすくするのです。

次に髪の予洗いを入念に行いましょう。

熱すぎない温度のお湯で頭皮から毛先にかけて洗い流すことで約半分の汚れを流すことが出来ます。

そしてシャンプーをしていきます。髪につける前に掌で十分に泡立てると髪に余計な負担を与えず洗えるのでお勧めです。

頭皮と髪の毛全体になじませ、指の腹を使い軽くもむようにマッサージしていきます。

シャンプーを十分に流し終えたら、トリートメントかコンディショナーを使用します。

トリートメントは髪の内部を修復する役割があるのに対し、コンディショナーは髪の表面を整えて保湿する役割があります。

その時の目的に合わせて選ぶといいでしょう。

トリートメントやコンディショナーは頭皮に直接つけると油分が多くべたついてしまったり、毛穴に詰まりやすくなったりします。

毛先から髪の中央部分にかけて使用するのがおすすめです。

ぬめりがなくなるまでしっかりと洗い流していきましょう。

流し終わったらしっかりと水気を切り、タオルドライしていきます。出来る限り水分を抑えタオルで髪をはさむように押さえます。

濡れた状態の髪の毛はキューティクルが開いていてとてもデリケートです。

ごしごし擦ることはNGなので気を付けましょう。

ある程度水分が取れたらドライヤーで乾かしていきます。

髪から15cm程離したところから温風を当てていきましょう。

まず後頭部や髪の根元から当てていくと早く乾きます。

毛の流れに沿って上から下に風を当てるように乾かしていくとまとまりやすくなるでしょう。

毎日何気なくしていたヘアケアも少し変えてみるだけで仕上がりもぐっと変わってきますよ。

ぜひ挑戦してみてくださいね。