お肌は「どれだけお手入れをしたか」で決まる

40代後半ですが、正直自分の肌がこんなに醜いものになるとは夢にも思っていませんでした。いつの間にか毛穴が目立つようになり、おでこにはきれいな波状のしわが何本も刻まれ、口元には何か挟めるのではないかと思えてしまうほど、深くてくっきりしたほうれい線がどっしりと構えています。

FACEEリキッドセラムプラスの効果とレビュー!

毎日毎日鏡を見るのが憂鬱になるほどです。若いころから美容には無頓着で、これといった手入れをした記憶がなく、外に出て日焼けしても平気でほったらかすほどでした。それがいつしか仇となり、今こんな肌になってしまい、悩ましい日々を送る羽目になったのだと思います。出産や育児に追われていた年代も、当然肌のお手入れなどほったらかし。化粧水や乳液をつけることさえさぼる日々でした。

こんな肌になってからつくづく思うのですが、シミやしわは一度できてしまうと改善することはそう容易ではありません。こんな肌を何とかしたいと思い、様々な化粧品を試してみましたが、自分の肌に合ったものを見つけることさえとても困難でした。だからこそ、もっと若いころからきちんと肌のお手入れをしておけばよかったと後悔せずにはいられないのです。肌は日々のお手入れの積み重ねなんだと思います。

自分の肌としっかり向き合い、いたわりながらきちんとお手入れをしてくればよかったと心から思う毎日です。まだまだ若い人たちにこそ、私のこの後悔を伝えたいと思いますし、肌はお手入れをした分だけきれいな肌となって応えてくれるのだということを覚えていてほしいです。