日焼けサロンに行く事はどうなのかと言うと

日焼けサロンは、市街地や人口が多い場所に多い。多くの日焼けサロンの店舗面積は20 – 30坪前後で

効果あり?モイスポイントを使用した口コミを暴露!

日焼けマシーンの設置された個室・シャワールーム・メイクルーム・受付カウンター・待合室からなる。

大型店舗が少なく20 – 30坪前後の店舗が多いのは、日焼けサロンに対する需要だけでなく、電気容量も大きな理由であると考えられる。低圧電力で契約している場合、供給電力は50kW未満でなければいけないのに対し

日焼けマシーンの1台あたりの消費電力は10kW前後である。そのため、最大でも数台までしか設置することができない。

日焼けサロンは肌を痛めてしまうと言っている人もいますが、確かにその通りな一面もあり、ここに行って日焼けをしていくかどうかと言う事は、個人によって分かれてくるところなのではないかと思います。

例えば日焼けをしていくことにそこまでこだわっていない人にとっては、日焼けをしていかなくてもいいものなので、何もこういうものを使ってまでやっていかなくても良いわけです。

肌が黒くなるにつれ、短時間では効果が薄くなるので、利用時間を延ばすか利用回数を増やす必要がある。一から日焼けする場合、個人差はあるものの、5回程度以上は通わなければならないといわれており、その場合は2万円前後の予算がかかる。また、日焼けを維持するためには定期的に通う必要があり、一ヶ月あたり1万円前後かかる。なお、ガングロやゴングロと言われる黒さを維持するには週3回は使用しなければいけないとされています。